• 松下公治

鼠径ヘルニアの日帰り手術の動画が公開!【医師向け】

最終更新: 1日前

鼠径ヘルニアの日帰り手術の動画

 日帰りで実際に行った腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP法)の動画を公開しました。YouTubeでご覧いただけます。刺激が強い動画ですので,苦手な方は閲覧にご注意ください.



 簡単に動画の解説をします。内視鏡外科技術認定医の認定試験対策を兼ねているため,少し専門的な説明になります。


【ヘルニア門の環状切開】

・フック型のモノポーラを使用しています。

環状切開は腹側腹膜の切開を先行し、内側のゴールを作ってから背側腹膜の剥離をしています。

・腹側腹膜は内側をやや腹側に切り上げることで、膀胱前腔の視野がよくなります。

・背側腹膜の剥離前に外側腹膜の剥離をしておくと、腹膜の可動性が良くなり、腹膜が裂けにくくなります。


【腹膜剥離】

・腹膜のみを把持し手前に引き、テンションをかけます。

腹膜一枚以外は全て剥離して腹壁側に残すことで、腹壁側の血管や脂肪、神経などを温存するように心がけています。

剥離時に出血するのは、大抵腹壁の脂肪を裂いているためですので、脂肪を破壊しないように丁寧に剥離しています。

・外側はガーゼで剥離すると面で剥離でき、効率的に良い層で剥離できます。出血した場合はこまめにピンポイントで止血を行い、きれいな視野で手術するようにしています。

・内側はつるつるした膀胱下腹筋膜と島状になった腹壁側の脂肪の境を見極め、剥離しています。

・腹側は基本的にはAPRSを温存しています。フックだと剥離しやすいです。

【メッシュの展開】

・5cmに切ったペンローズドレーンで剥離範囲を計測し、メッシュをトリミングしています。

・5mmポート創からペンローズドレーンに包んでプログリップメッシュを挿入しています。

・タッカーによる固定はしていません。


【腹膜閉鎖】

・縫合はStitch(右鉗子で腹膜を縫う)→Catch(左鉗子で針をつかむ)→Switch(右鉗子に針を持ち変える)→Stretch(糸を引っ張る)のリズムで縫っていきます。

・18Gサーフローを腹側外側に体表から穿刺し、縫合後に脱気して、腹膜縫合不全がないか、メッシュの折れ返りがないか確認しています。


◎関連した当サイトのページ

鼠径ヘルニア(脱腸)

鼠径ヘルニア(脱腸)の治療

鼠径ヘルニア(脱腸)のよくある質問

鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術

0回の閲覧

© 2016 all rights reserved by KM Surgery

  • ブログ
  • Twitter
  • YouTube
  • Facebook