• 松下公治

日本内視鏡外科学会 技術認定医に合格しました

最終更新: 7月5日

◎日本内視鏡外科学会 技術認定医とは?


 日本には「日本内視鏡外科学会 技術認定制度」という制度があります。内視鏡下手術を安全かつ適切に施行する技術があり、かつ指導する技量があることを認定する日本独自の制度です.外科専門医,消化器外科専門医となった後に,内視鏡外科(腹腔鏡下手術)を指導する技量を身につけ,その認定を目指して挑む資格です.それまでの手術実績,業績に加え,3本の手術動画を提出して審査を受けます.それだけに最難関の資格で,経験豊富な医師らが挑んでいるにも関わらず,2018年度の審査では合格率が25%でした.消化器外科領域では2,149名,ヘルニア領域では79名(2020年4月現在)が認定されています。



 昨年度に提出していた審査の結果が発表され、無事ヘルニア領域で合格することができました。今年は消化器外科領域から210名、その内、ヘルニア領域から21名の合格でした。これからも尚一層,内視鏡外科、鼠径ヘルニアの手術の研究を重ね、皆様のお役に立てるように頑張ります。


◎関連した当サイトのページ

KM Surgery 〜鼠径ヘルニア研究所〜

消化器外科

0回の閲覧

© 2016 all rights reserved by KM Surgery

  • ブログ
  • Twitter
  • YouTube
  • Facebook