• 松下公治

鼠径ヘルニア(脱腸)は日帰りで手術できるのでしょうか?

最終更新: 7月5日

 「日帰り手術」とは、手術したその日に帰宅する手術ことです。日本においても鼠径ヘルニアの日帰り手術は、一部の病院・クリニックで行われています。一方,欧米では日帰り手術が普及しており,鼠径部切開法はもちろん,腹腔鏡下手術も日帰りで手術を受けることができます。



◎日本の鼠径ヘルニアガイドラインは?

 まずは日本の鼠径ヘルニアガイドラインである「鼠径部ヘルニア診療ガイドライン2015」を見てみましょう。要点は以下の通りです。

組織縫合法、リヒテンシュタイン法、プラグ法、クーゲル法、ダイレクトクーゲル法、TAPP法、TEP法が日帰り手術の適応となる。

◎国際的な鼠径ヘルニアガイドラインは?

 次に、国際的な鼠径ヘルニアガイドラインである「International guidelines for groin hernia management(2018年)」を見てみましょう。これは、ヨーロッパヘルニア学会(EHS)、国際内視鏡ヘルニア学会(IEHS)、欧州内視鏡外科学会(EAES)、アメリカヘルニア学会(AHS)、アジア太平洋ヘルニア学会(APHS)、オーストラリアヘルニア学会、アフリカ・中東ヘルニア学会(AMEHS)の7学会が共同で発表したもので、世界のスタンダードと言ってもいいガイドラインです。要点は以下の通りです。

・日帰り手術は適切なアフターケアがあれば、大部分の鼠径ヘルニア患者に推奨される

・日帰り手術は適切なアフターケアがあれば、通常の鼠径ヘルニアの全ての腹腔鏡下手術に対して提案される

◎鼠径ヘルニアに日帰り手術はできるのか?


 どちらのガイドラインも通常の鼠径ヘルニアに対しては、腹腔鏡下手術も含めて日帰り手術を推奨しています。ただし、国際的な鼠径ヘルニアのガイドラインにあるように、適切なアフターケアがあることは重要です。これまでの報告では、日帰り手術が原因で死亡または重篤な合併症を起こした報告はなく、入院手術と比較して同等の安全性が確認されています。ただし、複雑な鼠径ヘルニアや持病によっては、日帰り手術が不適応となることもあります。

 つまり,多くの場合で鼠径ヘルニアは日帰り手術ができます。個々のケースで可能かどうかは、病状によって判断が必要ですので、担当医にご相談ください。

◎関連した当サイトのページ

鼠径ヘルニア(脱腸)

鼠径ヘルニア(脱腸)の治療

鼠径ヘルニア(脱腸)のよくある質問

鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術

鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術の動画

0回の閲覧

© 2016 all rights reserved by KM Surgery

  • ブログ
  • Twitter
  • YouTube
  • Facebook