鼠径ヘルニア(脱腸)

◎鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)とは?

 太もものつけ根(鼠径部)のお腹の壁が弱くなり,膨らんで,腸がぽっこり出てくる病気のことです(俗に脱腸).加齢や重い物を持つなどの影響で壁が弱くなることが主な原因です.放っておくと徐々に大きくなったり,戻らなくなることがあり,嵌頓(かんとん)と言います.生涯発症率は男性が27%,女性が3%です.頻度の高いよくある病気で,国内では毎年15万人以上,世界では毎年約2,000万人が手術を受けています.

◎鼠径ヘルニアの症状は?

 立ち上がったりお腹に力を入れると,太もものつけ根がぽっこり膨らみ,臥位になると戻ります.痛みや重い感じの違和感を伴うことがあります.頻度は稀ですが,出たまま戻らなくなる(嵌頓)してしまうと,腸が壊死・穿孔したり,腸閉塞になるため,緊急手術をしなければ命に関わります.

◎鼠径ヘルニアの診断・検査は?

 診断方法は検査などよりも,医師による診察が最も確実です.典型的な鼠径ヘルニアであれば,症状や触診によってほぼ間違いなく診断することができます.ただし,鼠径部の膨隆がはっきりしない場合や,腫瘤が触れて押しても戻らない場合は,他の疾患の可能性もありますので,超音波検査,CT検査,MRI検査などが必要となることもあります.

◎鼠径ヘルニアのガイドライン

 「鼠径部ヘルニア診療ガイドライン2015 金原出版」が日本ヘルニア学会より出版されています.また,欧米の7学会が共同で作成した「International guidelines for groin hernia management(Hernia 2018;22:1-165)」が英語版のみですが発表されています.個々の治療方法は病状によって異なることもありますが,基本的にはガイドラインに沿って治療を行っています.

「鼠径ヘルニア(脱腸)の治療」「鼠径ヘルニア(脱腸)のよくある質問」

「鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術」はこちら

© 2016 all rights reserved by KM Surgery