KM Surgery

〜鼠径ヘルニア研究所〜

◎ようこそ「KM Surgery 〜鼠径ヘルニア研究所〜」へ

 「KM Surgery  〜鼠径ヘルニア研究所〜」では,「鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)」に対する「腹腔鏡下手術」による「日帰り手術」について研究し紹介します.鼠径ヘルニアのガイドラインで推奨されていること,鼠径ヘルニアの論文でわかったこと,鼠径ヘルニアの手術方法の比較,鼠径ヘルニアのお勧めの治療方法など,鼠径ヘルニアについての疑問,悩みを解決できるように,鼠径ヘルニアを専門としている医師の立場から情報提供します.

◎鼠径ヘルニアとは?

 鼠径ヘルニアとは,太もものつけ根が膨らんで,腸がぽっこり出てくる病気のことです(俗に脱腸とも言います).生涯発症率は男性が27%,女性が3%で,国内で毎年15万人以上が手術を受けているよくある病気です.立ち上がったりお腹に力を入れると太もものつけ根がぽっこり膨らみ,押すと戻る時は,鼠径ヘルニアの可能性が高いです.鼠径ヘルニアの治療方法は手術以外になく,成人の鼠径ヘルニアは自然治癒することはありません.手術は大きく分けると腹腔鏡下手術,鼠径部切開法,組織縫合法があり,その特徴と患者さんのニーズにあった最適な方法を選ぶ必要があります.

◎日帰り手術とは?

 日帰り手術とは,手術したその日に帰宅する手術のことです.日常生活を続けたまま手術が受けられることが大きなメリットで,費用対効果に優れていることもあり欧米では積極的に行われています.腹腔鏡下手術による鼠径ヘルニアの日帰り手術虫垂炎(盲腸)の日帰り手術などが可能です.

◎日帰り手術の動画

 日帰りで実際に行った鼠径ヘルニア手術の動画虫垂手術の動画を公開しています.刺激が強い動画ですので,苦手な方は閲覧にご注意ください.

◎腹腔鏡下手術とは?

 腹腔鏡下手術とは,お腹に小さな穴を開け,炭酸ガスでお腹を膨らませて,腹腔鏡が映した映像をモニターで見ながら行う手術のことです.傷口が小さく,痛みが軽く,体の負担が少ないため,社会復帰が早いのが特徴で,日帰り手術との組み合わせは理想的です.「鼠径ヘルニア」に対する「腹腔鏡下手術」による「日帰り手術」を研究し,それを必要としている人に提供していきたいと思っています.

 「日本にも安全で質の高い日帰り腹腔鏡下手術を!」

ブログの最新記事

◎トピックス

松下 公治 Koji Matsushita, M.D.

板橋中央総合病院 消化器病センター(外科)

東京外科クリニック 特任院長​

ベックジャパン動物病院グループ 外科技術顧問

​・板橋中央看護専門学校 講師

​<専門分野>

 鼠径ヘルニア

​ 日帰り腹腔鏡下手術

 内視鏡外科(腹腔鏡下手術)

 消化器外科

 腹部救急

© 2016 all rights reserved by KM Surgery